京都で初詣!縁結びや合格祈願...ご利益がある人気の神社仏閣は?






京都で初詣デートは、縁結びの神様として、若い女性やカップルに人気のある「地主神社(じしゅじんじゃ)」がおすすめです。ゼクシィのアンケートで独身女性が行った縁結びスポット第1位になったほど、人気の地主神社です。

清水寺の清水の舞台を出て直ぐ左手にある神社で、江戸時代までは清水寺の鎮守社であった。大国主を主祭神とし、縁結びの神さまとして若い女性やカップルに人気のスポットである。(ウィキペディア)





清水寺の境内にある地主神社。恋愛をはじめとして、何種類もの願いを叶えてくれる神様がおられます。祓戸大神(はらえどのおおかみ)は、心と身体を清めてくれる神様です。地主神社を訪れたら、まずはこちらに参拝して心身の汚れを落とし、それからほかの神様を参拝しましょう。


地主神社の主祭神(しゅさいじん:中心となる神様)、大国主命(おおくにぬしのみこと)は、恋愛に関する願いを叶えてくれる神様です。有名な出雲大社(いずもたいしゃ)に祀られていることでも知られています。




「恋占いの石」





地主神社の敷地内には、大きな石が2つ、向かい合うように置かれています。これが「恋占いの石」です。「恋占いの石」、10メートルほど離れた2つの石を、目を閉じながら一方からもう一方に辿り着く事が出来ると、恋が成就すると言われています。






「撫で大国(なでだいこく)」





撫で大国(なでだいこく)」は、日本の神社では珍しい「触れる神様」です。頭なら「勉強」、お腹なら「出産」、手なら「勝負ごと」など、触る場所によってさまざまなご利益が訪れると言われています。


ちなみに足をなでると「旅の安全」をもたらすそうですので、旅行者さんは、ぜひ撫で大国の足をなでてください。






「水かけ地蔵(みずかけじぞう)」





敷地内の一番奥には、「水かけ地蔵(みずかけじぞう)」さんがおられます。ひと目見て、「ただの石?」と思われるかも知れませんが、立派な仏像です。長い間地中にあったらしく、顔や体の一部が欠けてしまっているそうです。水かけ地蔵は、参拝者の悩みや心配を洗い流してくれる神様。


参拝方法は、地蔵のすぐそばに、水の溜まった容器と水をすくうための柄杓(ひしゃく)があります。そこで水をすくい、地蔵の体にやさしくかけます。流れ落ちる水とともに、参拝者の悩みも落ち、心が清められるのだとか。最後に手を合わせて願い事をどうぞ。






「おかげ明神」





おかげ明神」は、女性の守り神として知られる神様。どんな願い事も、ひとつだけ叶えてくれるのだとか。「どうしても叶えたい!」という願いごとがあるなら、おかげ明神に参拝してみては...?






栗光稲荷社(くりみついなりしゃ)






地主神社の入り口からちょっと横に入ると、「栗光稲荷社(くりみついなりしゃ)」があります(鮮やかな赤色の建物が目印です)。栗光稲荷は、商売や家庭内の問題を解決してくれる神様です。仕事に関する願い事は、ここで行いましょう。



~地主神社~
公式HP:京都 地主神社

住所:京都市東山区清水1-317  
電話番号:075-541-2097
参拝時間:09:00〜17:00
最寄り駅:市バス「五条坂」「清水道」停留所
アクセス:「五条坂」「清水道」停留所から歩いて15分
拝観料:無料※ただし清水寺を通り抜けるので、清水寺の拝観料(高校生以上300円、中学生以下200円が必要





北野天満宮






学問の神様である『菅原道真』をお祀りしてある北野天満宮。全国に約12,000もあると言われる天満宮の総本社となっています。その多くは、京都の北野天満宮から分霊されたと言われています。


総本社である北野天満宮には、全国から受験を控えた学生さんやそのご家族が多く訪れています。ちなみに、姪っ子の高校受験の時に、家族みんなで北野天満宮へ合格祈願に行きました。(無事合格しましたよ!)




~北野天満宮~
北野天満宮 公式HP

住所:京都府京都市上京区馬喰町
ご利益:入試合格、学業成就など
お問い合わせ:075-461-0005

アクセス:
・JR京都駅より市バス50・101系統
・JR・地下鉄二条駅より市バス55系統
・JR円町駅より203系統
・地下鉄今出川駅より市バス51・102・203系統
・京阪出町柳駅より市バス102・203系統
・京阪三条駅より市バス10系統
・阪急大宮駅より市バス55系統
・阪急西院駅より市バス203系統
・京福電車白梅町駅より徒歩5分
※ いずれも北野天満宮前下車すぐ



2018年は京都で初詣!縁結びや合格祈願...ご利益がある人気の神社仏閣で新年を迎えてみませんか?^^


最後まで読んでくださってありがとうございました。






0 件のコメント :

コメントを投稿

スポンサーリンク