秋の収穫を祝う ハロウィンに なぜ コスプレや 仮装なのか?








こんにちは、こひろです。


日本でもブームや恒例になりつつある、10月31日のハロウィン。毎年仮装する人やイベントも増えてきて、ハロウィンのコスプレや仮装が話題になっているようです。



秋の収穫を祝う ハロウィンに なぜ コスプレや 仮装なのか?

そもそもハロウィンとは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うという目的で行われていたお祭り。ハロウィンの象徴とも言える「かぼちゃのおばけ」は、「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、本来はかぼちゃをくりぬいて作ったランタンのことです。このかぼちゃのランタンを飾ったり、仮装した子供たちが近所の家を回ってお菓子をもらったりするのが本来のハロウィンのスタイル。


ですが、日本ではそういったことはせずに、ただ コスプレや仮装をして盛り上がるという風になっているようですね。なぜコスプレや仮装をするようになったのか。日本でも流行するようになったのはどうしてでしょうか?





ハロウィンとは一体なに?

















9月半ば頃になると、ショッピングモールや雑貨屋さんは「ハロウィングッズ」で溢れ出しますよね。今では、クリスマスやバレンタインと同じぐらい日本でもポピュラーなイベントとなっているように思うのですが、昔は(20年ほど前?)はそうではありませんでした。「ハロウィン」というものは知ってましたけど、「海外のイベント」という感覚が強かった時代だと思います。



ハロウィンパーティーをするのって、せいぜい英会話教室ぐらい。しかも今のようにお祭り騒ぎな感じではなく、みんなでお菓子を交換し合うくらいです。(娘が習っていた教室もそんな感じでした。)

子供たちがお菓子をもらう時に言う、「トリック・オア・トリート」という言葉の直訳は、「いたずらかごちそうか」になるのですが、「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」という意味になります。



ハロウィンは、もともとは秋の収穫のお祝いと悪霊払いのためのお祭りで、その後、かぼちゃの飾り付けを楽しんだり、仮装した子供がお菓子をもらう民間行事に変化したというのが、本来のスタイルなんですね。知らずに日本のハロウィンを楽しんでいる、という方は意外と多いのではないでしょうか。






秋の収穫を祝う ハロウィンがなぜ日本でも流行するようになったのか?

日本のハロウィンは、「コスプレや仮装をして大勢で楽しむイベント」というイメージが強いですよね。アメリカなどのハロウィンとは少し違うようですが、日本独自のハロウィンが生まれたきっかけって、一体何なのでしょうね?



もしかして、秋のイベント行事がなかったから?ハロウィンがなかったら、夏が終わったあとのイベントはクリスマスになってしまいますよね。なんとなく寂しい感じはしますが、秋は行楽シーズンで美味しい食べ物もたくさんあるので、楽しみが全くないわけではありませんが。





~まとめ~


日本のハロウィンのイベントは、子供も仮装したりパーティーを開いて楽しめるものですが、どちらかと言えばコスプレや仮装で大人がメインで楽しむイベントという雰囲気があるように思います。大人がメインのイベントというものがあまりなかったので、新しいスタイルのイベントを楽しみたいという人も増えているのではないでしょうか。









最後まで読んでくださってありがとうございました。







0 件のコメント :

コメントを投稿