ごはんは食べても良い!?糖質制限ダイエットより グルテンフリーダイエットのほうが辛くない?








こんにちは、こひろです。


脱炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットについて、実際やった事があるという人の口コミを見つけたので、シェアしたいと思います。


ごはんは食べても良い!?




糖質制限ダイエットより グルテンフリーダイエットのほうが辛くない?

Q.脱炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットを実践したことはありますか?という質問に対して、
○あるし、今も続いている 5.8% ●あるが挫折した 17.8% ○ない 76.4%


脱炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットを2割の女性が実践されたことがあるようなのですが、そのうちの大半は挫折してしまったようです。

挫折した理由は、「白いご飯が好きなので、我慢するのはきつかった。」や、「炭水化物を食べないダイエットをして低血糖症状が起こり震えと脱力感でしんどかった」、「どうしても白米が食べたくなり口に入れたら最後やっぱり止められずあっと言う間にリバウンドしてしまった。」

炭水化物が好きな人には、脱炭水化物ダイエットや糖質制限ダイエットは辛いダイエットのようで、白いごはんが好きで無理!という意見も多いようです。


たしかに、お腹にずっしりたまる、炭水化物が摂れないとストレスになるという声も聞きます。では、炭水化物も選べばOKのダイエットだったらどうでしょうか。それがグルテンフリーダイエットです。




グルテンフリーダイエットとは?



グルテンフリーダイエットとは?

小麦や大麦、ライ麦などの麦類に含まれるタンパク質「グルテン」を食事から抜くことで、血糖値が下がり、ダイエットや老化防止に効果があると流行になっている。 スーパーマーケットにも麦類を使用していない「グルテンフリー」を謳う商品が目立つようになった。 ... 減量のためにグルテンフリーダイエットを取り入れた。








小麦大国アメリカで一大ブームとなり、今やその人気が日本にまで波及していると言われている、グルテンフリーダイエット。日本では、スーパーモデルのミランダ・カーや、ミス・ユニバース・ジャパンで栄養コンサルタントを行っていたエリカ・アンギャルさんが火付け役とも言われています。





グルテンフリー・ダイエットの効果のある正しいやり方

糖質で太るのではなく、過剰なのは小麦!グルテンフリーダイエットとは、小麦や大麦といった穀物に含まれるたんぱく質の一種であるグルテンを、食べないようにする。


とは言っても、グルテンはパンを始め、ケーキやシリアル、ピザなどのいわゆる小麦を使った料理に多く使用されているので、これらを全て食べないようにするというのは思っている以上に大変。まあ、だからこそグルテンフリーダイエットは効果が高いとも言われているんでしょうが。


小麦に含まれるグルテンは、体内で糖に変換されるスピードが早いという特徴を持っています。そのため、小麦は血糖値が上がりやすく、GI値(血糖値の上昇を数値化したもの)も砂糖に次いで高いと言われているそうです。


グルテンの含まれないグルテンフリーの食品を摂ることは、血糖値の急激な上昇を避け、脂肪の蓄積を防ぎ、ダイエット効果をもたらすと考えられているということです。





グルテンフリーダイエットで食べて良い物は?







ご飯やイモ類などの炭水化物も食べることができますし、そば粉や玄米粉を使ったケーキもOKです。グルテンフリーダイエットでは、小麦や大麦を抜いた炭水化物は栄養バランスをとる上でも、摂取すべきと言われているので、食べ過ぎに注意しながら普段通り食べても良いようです。

さらに、ビタミンやミネラルが豊富な野菜や海藻を意識して摂ると、バランスが良く痩せやすい体になるといわれています。





「グルテンフリーダイエットのメニュー」参考にしてみてください
















・朝食のメニュー・・・ご飯、お味噌汁、焼き魚といった、昔ながらの和食がおすすめ。洋食が良いという人は、米粉を使ったパンにヨーグルト、スープなど。
・昼食のメニュー・・・きのこそばや、とろろそばなどがおすすめです。天ぷらそばは、天ぷらの衣に小麦粉が使われているので避けたほうがいいですね。
・夕食のメニュー・・・玄米ご飯、焼き鳥、野菜の煮物、お味噌汁といった純和食メニュー。
唐揚げには小麦粉が使われていますが、焼き鳥には使わないのでグルテンを避けることできます。




~まとめ~


日本では、まだまだ認知度の低いダイエット方法なんでしょうが、昔ながらの日本食を見直すことが、グルテンフリーの食生活を可能にするとも言われています。和食で健康的にグルテンフリーダイエットできますね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。






0 件のコメント :

コメントを投稿

スポンサーリンク