くら寿司「期間限定 ハロウィンメニュー 」インスタ映えする?








こんにちは、こひろです。


くら寿司の各店で、初となる“ハロウィン向けメニュー”が登場。「魔女のはぐき」など4品が、10月13~31日の期間限定で販売されるそうです。ハロウィンメニューは、くら寿司として初めてのご提供となります。ということです。



くら寿司初の試み 「ハロウィン特製メニュー」4種を発売とは?

ラインナップは「消えるお化けの黒カレー」「魔女の海老マヨ」「魔女のはぐき」「恐怖の目玉ムース」と、名前もユニークな4品。見た目もなかなかのインパクトですね。





消えるお化けの黒カレーは、人気の「シャリカレー」にイカスミなどを加え、コク深い“暗黒のカレーソース”に仕上げられたもの。シャリには、紫キャベツを使った特製マヨソースをかけてあるとか。


さらに“オバケ”をイメージした真っ白な綿あめをトッピング。暗黒のカレーソースを綿あめにかけて食べるとオバケが消える仕掛けが楽しめるとか。マヨソースのコクと酸味、綿あめの甘みがピリ辛のカレーと絶妙にマッチ。だそうです。価格は399円(税込、以下同じ)。


















魔女の海老マヨは、中華シリーズの「特撰海老マヨ」に、紫キャベツの特製マヨソースをかけたもの。揚げたてのサクサクとした食感が楽しめます。価格は216円。






魔女のはぐきは、竹炭で黒く仕上げられたミルク味のアイスやラズベリーソース、マシュマロをワッフルで包み、魔女のホラーな口元を再現したもの。一部茶色くなったマシュマロは、表面にココアパウダーをまぶして“魔女の虫歯”を表現しています。インパクト満点ですが、一口食べればワッフルとマシュマロのふわふわ食感で幸せな気分に...。価格は270円。

















恐怖の目玉ムースは、甘さひかえめのミルクムースに、いちごゼリーとチョコレートをのせて目玉を表現したムースケーキ。スプーンで切り分けると、中から「血」をイメージした真っ赤ないちごソースがあふれ出します。いちごの酸味とチョコの甘みがアクセント。価格は108円。

















~まとめ~



≪ハロウィン特製商品概要≫ 

・商品名 / 価格 : 「ハロウィン特製 消えるお化けの黒カレー」 / 370円(税込399円)
・商品名 / 価格 : 「ハロウィン特製 魔女の海老マヨ」 / 200円(税込216円)
・商品名 / 価格 : 「ハロウィン特製 魔女のはぐき」 / 250円(税込270円)
・商品名 / 価格 : 「ハロウィン特製 恐怖の目玉ムース」 / 100円(税込108円)
※上記4商品、いずれも全国の「無添くら寿司」(397店舗、9月8日現在)にて、
 10月13日(金)から10月31日(火)まで間限定販売。

※一部、取扱いのない店舗や価格が異なる店舗があるそうです。
(ORICON NEWSより)



いかがでしょうか。

赤、黒、紫と、毒々しい色合いがハロウィンムードにぴったりですが、くら寿司「期間限定  ハロウィンメニュー 」は、インスタ映えする?でしょうか...笑

ちなみに、「ハロウィン特製メニュー」は持ち帰りができないそうです。


最後まで読んでくださってありがとうございました。






0 件のコメント :

コメントを投稿