ドコモ、au、ソフトバンク|ガラケーは 2017年以降生産終了になるって本当?








こんにちは、こひろです。


私の周りには、ガラケーを使用している人はまだまだたくさん居ます。(夫もその内の1人です)ガラケーは使い勝手が良いとか料金が安いからとか、スマホは操作方法がよく分からないなどの理由でガラケーを使ってる人はたくさん居られます。

自営で居酒屋をやっている関係で、先日来られた常連さん(女性)が話されていた事。常連さん(女性)の携帯電話のキャリアはauでガラケーです。新しく機種変更をしようとauショップへ行かれたのですが、担当者から、ガラケーはもう販売していないと言われてスマホを勧められた、と困惑されていたのです。実際のやり取りをそばで見ていた訳ではないので分かりませんが、もし本当にauショップでそんな風に言われたのなら、言葉足りなさ過ぎです。接客する側の態度に問題ありだと思いますが...。





ドコモのガラケーは 2017年以降生産終了になるって本当?


2017年度のガラケー製造中止報道に、ドコモは「ガラケーやめない」と。NTTドコモとしては今後フィーチャーフォンをどうしていくのか、という質問に対し、加藤社長は「お客様にとってのフィーチャーフォンはずっと続けていきたい」と発言。個人投資家からも必ずフィーチャフォンのような折りたたみ式端末を出し続けて欲しいと言われるそうで、こうした形の端末は今後もずっと提供していきたいとのことだそうです。



また加藤社長は、従来のフィーチャーフォンではOSにSymbianやLinuxを使っていたが、こうした機器については部品供給がなくなる時期があると指摘。そこで操作性やサービスは維持しながら、別なOS(具体的にはAndroidなど)を搭載すると説明した。iModeについても、徐々に消えていくものではあるが、当面は生存し続けるし、需要がある限り継続していくと明言。メールなどはiModeからSPモードに移行しつつ、ユーザーが意識しなくても大丈夫なようにしたいとした。(マイナビニュース)

※フィーチャーフォンと呼ばれる3G回線を使用した携帯電話サービス





そもそもガラホってなに? | ケータイ(4G LTE) ガラホかんたん講座 | au


ガラホとは、スマートフォンとガラケーの中間に位置するモバイル端末を指して用いられることのある呼び名である。 特に2015年1月にauが発表した新モデル「AQUOS K」を指して用いられる。「スマホ」と「ガラケー」を合わせた語としては「ガラスマ」という呼び方がある。



auは「ガラホ」を既に発売されているのに、(先に記述しました)某、auショップ店員は、常連さん(女性)に説明しなかったようです。料金もガラケーとそこまで変動はないようですし、使い方もスマホよりは扱いやすいという事を伝えてあげなかったということなんでしょうか?(常連さん(女性)は少々怒り気味でしたので...)





auのガラホの機能はすごい!?


auのガラホは、高速ネットワークが使えたり、高性能クアッドコアCPUなので動作も早いという事です。また、テザリング対応もあるので、ガラケーから進化しているそうです。

docomo同様の機能があるそうです

・今やLINEは人気のコミュニケーションツールですが、そのLINEが使えるようになる
・パソコン同様のWebサイトを閲覧できる(逆に、従来の携帯で閲覧していた携帯サイト、携帯コンテンツは利用不可)
・auスマートパスからアプリがダウンロードできる
※ダウンロードできるアプリは数は、Google Playストアと全く同じでは無いようです。

・最新かつ高性能の1300万画素カメラを内蔵
・ワンセグ、赤外線通信、Bluetoothに対応

※・防水機能
 ・おさいふ携帯(auガラホのみ)
 ・VoLTE対応によるクリアな通信音質(auガラホのみ)
 ・Wi-Fi、Wi-Fi経由インターネット接続(auガラホのみ)
 ・ノートPCやゲーム等をインターネットに接続できるテザリング機能(auガラホのみ、要申込み)





ガラホって料金は高くないの?


auのガラホは、月々1,500円からでケータイ並みの料金だそうです。おすすめ料金プランもあるので、直接auショップで問い合わせて見た方が良いと思います。





3G回線を使用したガラケーはいつまで使用できるの?


NTTドコモやauといった大手の携帯電話各社からの正式発表はまだですが、新聞やテレビ等の情報では2020年以降に3G回線サービスが終了するのではないか?と報じられています。
※ちなみにソフトバンク傘下のY!mobile(ワイモバイル)では、2018年1月末をもって1.7GHz帯の3Gサービスが終了することが確定しているそうです。



最近では4G LTEを利用した次世代のガラケー(所謂ガラホ)が登場し、旧世代となる3G携帯はその役目を終えようとしていますが、ガラケーを使っていたい!という人にとっては気になりますよね。実際、高齢者の方たちにとっては「スマホに替えたら料金が高くなるからちょっと...」という人も居られます。





3G回線(第3世代移動通信システム)とは?


旧ガラケーに採用されている通信規格は3G回線(第3世代移動通信システム)と呼ばれ、日本では2001年にNTTドコモが世界に先駆けて3G (W-CDMA) の商用サービスを開始、翌年にはKDDIグループとJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)がそれに続きました。

※NTTドコモではFOMA(フォーマ)というブランドで3G回線のサービスを展開。現在も利用しているユーザーも多いことでしょう。

ところが時代は移り変わり、2010年12月24日にNTTドコモが第3.9世代のLTEサービス「Xi(クロッシィ)」を開始。※のちの4G回線(第4世代移動通信システム)
そして2020年には次世代の通信規格として5G(第5世代移動通信システム)が実用化予定だそうです。




2012年に日本では2G回線のMOVAが終了、将来的には3G回線も終わるはず!?


過去にNTTDoCoMoでは、2G回線を使用したMOVA(ムーバ)が2012年に電波を停止、サービスが完全に終了しました。日本では2020年頃に5G(第5世代移動通信システム)技術の実用化を目指しており、現在主流の4G LTEと共に次世代の通信規格に移行していくと思います。まだ具体的にFOMAなどの第3世代携帯(ガラケー)が終了する話は出ていないのですが、2G回線サービスが終了したように、将来的には3G回線も同じ変遷を辿ると思います。





3G携帯が終了するのは2020年以降?


すでにスマートフォンを利用している人や、最近発売された機種に買い替えている人は、3G回線の終了を心配しなくていいそうです。新しい携帯電話(フィーチャーフォン、ガラホ)の殆どが4G LTEとVoLTE(次世代通話)に対応しているので、3G回線が終了しても
そのまま使い続けることができると思います。注意しなくてはいけないのが現在ガラケーの旧プランを契約している人。
(※例えば2010年以前から携帯(ガラケー)を使い続けている場合など)

3Gサービスが終了する時期は携帯各社によって違ってくるのですが、旧プランの3G携帯を利用している場合は、いづれは次の通信規格への乗り換えを意識することをおすすめ。
https://abc-app.net/wimax/3g-mobile-phone-2020/ 引用)





■NTTdocomo(ドコモ)


注目すべきはNTTドコモの動向...


国内の携帯電話契約数の約46%がNTTドコモといわれ、3G携帯の利用者数もNTTドコモが1番多いと言われています。NTTドコモではFOMA(フォーマ)の名称で3G回線のサービスを提供していますが、サービスの完全終了までには相当時間が掛かると思います。iモードの契約件数だけでも現在1,700万件(※2016年12月末時点)と言われています。





NTTドコモ FOMA(3G回線)の終了には事前告知があるはず!?


過去に第二世代携帯電話(2G回線)のMOVA(ムーバ)が終了したときは、2008年12月にMOVAの新規申し込み受付が停止、そこから2012年3月31日にサービス終了(完全停波)になるまで約3年4ヵ月の時間的な猶予がありました。現在NTTドコモが提供している3G携帯(FOMA)が終了となると、テレビCMや新聞等の広告で一般利用者に広く告知した後、さらに最低2~3年の移行期間を設けると思うので、そんなに急ぐ必要はないと言うことだそうですのでちょっと安心ですね。











3G回線を使用した携帯電話はいつまで使用できるのか? ~まとめ~


3G携帯(ガラケー)がいつまで利用できるかは各携帯電話会社の動向によっても変わってきますが、最低でも2020年の東京オリンピックの時期までは普通にガラケーが使用できると言われますので猶予はあるようです。旧ガラケーを使い続けようと考えてる人は、NTTドコモやauなど携帯電話各社の正式な発表(3G携帯のサービス終了)を待ってからでも遅くはないそうですよ。



最後まで読んで下さってありがとうございました。






0 件のコメント :

コメントを投稿

スポンサーリンク